2017年7月24日月曜日

そして、京都一乗寺へ


西荻窪URESICAでのnakabanさんとのライブも無事終え、
数日前までの作品制作の熱がまだ少し残っている仕事場に戻ってきた。

3年前の展示「DAWN IS STILL AN HOUR AWAY」の作品集も
無事出来て、一安心。この3年間この本について色々と考えてきたが、
いい顔の本になったのではないだろうか。


合わせて現在行われている新作展「3 years after, 2 windows」も
今月一杯、西荻窪URESICAで開催しているので、お近くにお越しの際は
ぜひお立ち寄りください。
改めて、面白い展示だなあと思った次第です。

アンコール、会期延長につき展示期間が下記の通りになります。
2017年 8月3日(木)~8月7日(月)
*火水休み open:12時~19時


さて、次のnakabanさんとのライブは今週29日に京都にて。
毎回起こることが違いますが、京都はどんな場面に立ち会えるのでしょうか。
予約制となっております。

nakaban + makoto usda  live「guitar in blue wind」
詳細&ご予約はコチラまで。
イベントは終了しました。ありがとうございました。

2017年7月14日金曜日

Wrapping Paper


神戸・北野にあるパティスリー・カフェ「CAKE STAND」の
ラッピングペーパーのデザインをしました。

モチーフは、カーテンのかかる窓辺にロウソクとリンゴ、
オリーブの枝葉、さくらんぼ。

裏面はクラフトになっていて、
絵柄面にも若干クラフトが透けて表情が出ています。
甘すぎずクールすぎず、な仕上がりになったと思います。



焼き菓子・ケーキ、ランチのサンドウィッチなど、
とてもとても美味しいお店。
お近くにお越しの際はぜひ。

CAKE STAND








2017年6月26日月曜日

3年後の2つの窓


nakabanさんとの二人展
「夜明けまでにはまだ時間がある。」を開催してから3年が経つ。
あの時、展覧会場の西荻窪・URESICAにて、
この展覧会の記録を画集として納めようという話になった。

3年間。
僕たちは、本のサイズから紙の種類、製本の仕方を
それぞれのアトリエに会いにいったり、電話をしたり、
少しずつ話を進めていった。

そして、本日校了となって、7月にURESICAから
画集「夜明けまでにはまだ時間がある」が発売される。

出版に合わせて新作を含む3年ぶりの展覧会
「3 years after, 2 windows」もURESICAにて開催される。
初日には久しぶりにnakabanさんとの幻燈ライブも。
こちらは予約制となるのでお早めに。


nakaban  /  makoto ueda

3 years after, 2 windows.

2017年7月21日(金)~31日(月)
open 12:00-20:00   会期中、火曜休み

live event
「平行線と奔流の画集」

7月21日(金)19:00 start 
nakaban(lightbox) makoto ueda(guitar)
入場料/ 1500円 

*本展覧会を記念し、2014年に行われた二人の展覧会の作品を収録
した画集「夜明けまでにはまだ時間がある」を刊行・販売いたします。

〒167-0042東京都杉並区西荻北2-27-9
03-5382-0599


さらに、nakabanさんは京都 nowaki でも個展が行われます。
ということで東京でのライブの翌週、京都でもライブをすることになりました。
こちらも予約制。nakabanさんの展覧会と合わせてぜひ。

下記、nowakiからのアナウンス。
どうぞよろしくお願いします。


7月28日から、nakabanさんの個展を予定しております。
個展を記念して、今回も植田真さんとのライブセッションを
下記の内容で開催いたします。
募集を始めますので、皆様どうぞご予約をお願いいたします。


opening live
nakaban+植田真「guitar in blue wind」
nakabanさんによるライブペイントと植田真さんによるギターの音、
2人が紡ぎ出す一夜の幻燈会の開催です。

7月29日(土) 
開場:17:00~ 
開演:18:00~19:30(*延長になる場合があります)

会場:恵文社一乗寺店 COTTAGE
京都市左京区一乗寺払殿町10 恵文社一乗寺店南側
定員:50名
入場料:1500円(ご予約のうえ、当日精算)
要予約:6月20日より、ご予約を承ります。
nowakiの店頭もしくは、お電話かメールにて、
参加人数とお名前、代表者の電話番号をお知らせ下さい。
mail:nowaki.kyoto@gmail.com
tel:075-285-1595(11~19時の営業時間内)






2017年6月10日土曜日

装画『星の子』


『星の子』
 今村夏子
 朝日新聞出版

 大切な人が
 信じていることを、
 わたしは理解
 できるだろうか。 
 一緒に信じることが、
 できるだろうか。

 デビュー作『こちらあみ子』で三島賞受賞。
 第二作『あひる』で芥川賞候補。
 いま、もっとも新作が待望される小説家による
 静かな衝撃作。
 (オビより)


装画の仕事。
装丁は『あかずきん』に引き続き、田中久子さん。
とても綺麗な本に仕上げていただきました。
きっと多くの方に読まれる作品だと思います。
おすすめです。





2017年6月2日金曜日

新刊絵本 あかずきん


新刊絵本のおしらせ。

『あかずきん』
 文/こわせ・たまみ
 ブックデザイン/田中久子
 フレーベル館


あまりにも有名なお話の絵を描くというのは、
すでに、ある程度イメージができあがっている為、難しいところがある。
だからといって、そこから距離をとるように斬新な方向へ行き過ぎるのは
本質から外れてしまうようで、なんだか違う気がするし、
オーソドックスになりすぎてしまうのも描いていてつまらない。

なので、とにかく習作を描いて、僕なりの着地点をいろいろな角度で探してみる。
この『あかずきん』も、多くの習作の中から出来上がった。

登場人物たちを取り囲む森に感情を持たせるような、
そんな描き方をしてみた。

ご覧いただけるとうれしいです。





2017年5月3日水曜日

ちいさな絵


京都の町家ギャラリーnowakiの5周年記念展に参加します。
ちいさなものひとつ描き下ろしました。
作品タイトルは『ぼくのすきな時間』。

どうぞよろしくお願いします。


nowaki5周年記念展
「My Favorite Things !」
2017/5/3~21 
*期間中、9・10・18・19休み

<参加作家>
石黒亜矢子・植田真・江籠正樹・大畑いくの・加藤休ミ・かわかみたかこ・軽部武宏・きくちちき・坂本千明・さとうゆうすけ・スズキコージ・高橋収・たんじあきこ・どいかや・とりごえまり・中野真典・nakaban・西淑・はせがわはっち・福田紀子・町田尚子・牧野伊三夫・牧野千穂・松成真理子・ミロコマチコ・本秀康・植田楽 *特製お菓子*horta・甘味こしらえ しおや・寅印菓子屋(以上、敬称略)

nowaki
〒6068386 京都市左京区川端通仁王門下ル新丸太町49-1
open:11:00~19:00
twitter/instagram:nowaki32




2017年4月25日火曜日

時知らずの庭



お仕事のおしらせ。
児童書、読みものの装画・挿絵。

『時知らずの庭』小森香折/BL出版

「ニコルの塔」「さくら、ひかる。」などの小森香折さんの新作。
ほかのどこにもない植物がたくさんあふれている特別な場所 “ 時知らずの庭 ” 。
ここに見習い庭師としてやってきたリスの “ ホップ ” が繰り広げる10編の
おはなし。どのエピソードも不思議さと優しさに溢れている。

リスのホップをはじめ、アナグマの庭師、キツネ、カワウソ、
ドードー鳥などなど、魅力ある登場人物たち。
みなそれぞれ抱えているものが何かしらある。
児童書ですが、大人のみなさんにも読んでもらいたい作品です。