2021年2月12日金曜日

新刊絵本『ひばりに』

 


『ひばりに』
内田麟太郎/詩
うえだまこと/絵
アリス館

デザイン/大島依提亜


内田麟太郎さんとの新刊絵本のおしらせ。
デザインは、大島依提亜さん(はっと目をひきつつも主張しすぎない絶妙なタイトル文字も大島さん)。そこに流れる空気を止めることなく、開いたものにしてくれました。

内田さんが震災を受けて書かれた詩『ひばりに』。
心がゆらぎ、不安な気持ちのとなりにいてくれる、あたたかな視点。まるで、地面から芽を出す小さな種子を助ける風や土や水のように、そっと寄り添うものを感じました。

詩の絵本というのは、「ことば」との距離感がとても繊細だと思う。そのバランスを探るため、スケッチ画を繰り返し描いていた時にふと女の子が縄跳びをする絵が浮かんだ。小学生の頃以来していなかった縄飛びを子供と一緒にしてみたら、「飛び、跳ねる」ということは、こんなにも心も体も軽やかになるのだなというのを感じた。
生きていると思いもよらぬ様々なことが立ちはだかる。我々は、それをなんとか乗り越えていかなければいけないけれど、そうそういつもうまく行くわけではない。それでも、(状況はさほど変わらなくても)ふっと軽やかに縄を跳ぶ感覚を一瞬でも持つことができたら、それだけでも十分なような気がします。

新型コロナウイルスCOVID-19が未だ終息できていない2021年。東日本大震災からは10年が経つ。ほんのすこしでも軽やかに「飛び、跳ねる」ことができれば、この状況下でも別の局面を見つけることができるかもしれないな、と思うのです。







2021年1月21日木曜日

Pinpoint Gallery 「謎」展



Pinpoint Gallery の「謎」展に参加します。
僕が描いたのはシャーロック・ホームズ2つ目の長編『四つの署名』。暇をもてあましていたホームズの元にやってきた久しぶりの依頼。登場する人物たちも濃くて個性的。そこにワトソンの恋愛も絡んできて、長編4作品のなかでも独特の雰囲気を醸し出しています。怪奇的、そして謎めいた傑作です。
2021年の描き初めに楽しんで描きました。本年もよろしくお願いします。


『謎』
2021年2月1日(月)~2月13日(土)
open hours: 12時~19時 土曜日17時まで 日曜休み
※初日月曜のみ 14時~19時

参加作家などの詳細はこちら



2021年1月18日月曜日

Cake Stand クッキー缶

 


パッケージのお仕事。

Cake Stand のクッキー缶』

缶のイラストレーションとデザインをしました。
以前も、Cake Stand のラッピングペーパーを制作しましたが、今回のクッキー缶もラッピングペーパーで包まれたお菓子と並べた時にも合うような、でも、また新しい印象を与えるものをイメージして制作しました。カラーバリエーションにパープル × グレーを基調としたものもあります。

主役のクッキーの美味しさは言わずもがな、珈琲にも紅茶にも日本茶にも合いますし、ワインなどとも相性がよかったです。ちなみに缶箱は中身を食べ終わったあとも入れ物として重宝しますね。年数を経てすごく古びた缶箱はなかなか味があっていいものです。

オンラインでの販売は Cake StandInstagram でご確認ください。
近日中では1/19にオンライン販売があるそうですよ。







2021年1月17日日曜日

ネムノキをきらないで



装画・挿絵のお知らせ。

『ネムノキをきらないで』
岩瀬成子/作 植田真/絵
文研出版


おじいちゃんの家の庭にある立派なネムノキを、おとなたちは切り倒すといいだした。ぼくは反対したけれど、枝がのびすぎて、あぶないからといって、枝を切り落とすことになる。ぼくは、おとなたちにいいたいことをうまくことばにできない── (本書そで文より)

身近にある木々や虫や生き物たちの存在。ひとつひとつ見ていると、その向こうにはもっとたくさんの気配を感じる。木にとまる鳥。鳥がついばむ虫。鳥がさえずり、風がふいて葉と葉がふれあう。木の下で仕事の手を休め一息つく人。なにげない営みを切り取ってみても、人も動物も虫も木々もみんな繋がっている。

親密さと大きく包まれるようなやさしさを感じる岩瀬成子さんの新刊。
文章で描かれる少年の繊細な気持ちと少年を通して見える情景が印象的でした。イメージが固定される絵ではなく、文章と絵が気持ちのよいハーモニーを奏でてくれたらいいなという想いで、全体に小さな絵たち、ピースがちらばるように描き、最後に合わさって読後感として残るように意識しました。
ぜひ、多くの人に読んでもらいたい本です。


僕の母の実家には柿の木があった。こどもの頃、その柿の実が美味しくて、秋がくるのを毎年たのしみにしていた。この本の絵を描いていたらそんなことを思い出した。そしたら、「今年は柿がたくさんなったよ」と、叔父(母の兄)から柿が届いた。ずいぶん久しぶりに食べたけれど、普段食べている柿の味ともまたちがう、こどもの頃食べたあの柿の味がした。それは、こどもの頃のことをあれこれと思い出す味だった。お祭りのことや、母の実家に一人で泊まったことや、従兄弟たちと駆けまわったことや、年の瀬に庭でお餅をついていた親の姿などを。そう、一本の木にも、いろいろなものが繋がっている。










2020年11月9日月曜日

トークイベント『風景と音楽』



スズキコージさんとトークイベントのお知らせ。
昨年の11月、熊本県山鹿市でコージさんと一緒にライブペインティングで描いた大きな絵。その時の絵を完成させるために今年も山鹿へ向かう。11月28日〜29日の滞在中、時間の許す限り絵の続きを描いて完成させる予定。28日の夜にはトークイベントを行う。

コージさんと僕は、同じ静岡県浜松市の生まれ。しかし、歳は25も離れている。大先輩であるコージさんと僕では、見てきた風景も、生きてきた時代の雰囲気もかなり違う。バックグラウンドで流れていた音楽も。僕も音楽は好んで聴いてきたけれど、コージさんの音楽の情報量にはいつも圧倒される。それでも、一緒に音楽を聴いていると重なる部分もあったりして、とても愉しい。

トークイベントでも、音楽を通じて、絵を通じて、それぞれが見てきた風景を交わすことができたら。そんな夜になればすごく愉しいだろうな。LPサイズのフライヤーはそんな想いを込めてデザインした。

ライブペインティングは屋外で行い、トークイベント会場となる天聽の蔵は元・酒蔵の広い空間で十分な換気もいたしますが、マスク着用・検温・消毒などのご協力をお願いします。(当日、体調の優れない方はご遠慮ください)



スズキコージ+植田真『風景と音楽』
二人の絵本画家が見てきた風景とその背景に流れていた音楽のはなし

日 時| 2020年11月28日(土)18:30-20:30
会 場| 天聽の蔵(大蔵)   熊本県山鹿市山鹿1392
参加費| 1000円(18歳以下無料)
申 込| 風吹きからす・大坪恵理子 080-2708-5978 ショートメールまで
主 催| 絵本とおはなし  風吹きからす
後 援| 山鹿市教育委員会



 

2020年10月22日木曜日

ライブペインティングのおしらせ


顔にあたる風にすっかり秋を感じるようになってきた。先日も家族で散歩中、ふと見上げた木々たちが秋のトーンになっていて、乾いた風のなかで気持ち良さそうにゆれていた。今年はいつもと様子が違うけれど、それでもめくるめく季節の変わり目は、新しくやってくる気配にほんの少し期待をこめてどきどきとする。


お知らせ。

11月3日(火・祝日)、「クレマチスの丘」で開催されるオータムフェスティバルにて、ライブペインティング(+即興演奏)をします。「クレマチスの丘」には、何度か足を運んでおりますが、美術館での展示はもちろんのこと、庭園散策や木々に囲まれた道を歩くのもとても気持ちがいい。いつも充実した時間を過ごすことができます。オータムフェスティバルでは、花かんむりをつくるワークショップやバラをイメージした暖かい紅茶を楽しむことができるようです。気持ちのよい風を感じる季節、ご都合よろしければ、ぜひ。


日 時| 2020年11月3日(火・祝)13:00-15:00
会 場| ヴァンジ彫刻庭園美術館 下部庭園
料 金| 美術館入館料のみ必要(高校生以上)

*参加には、ヴァンジ彫刻庭園美術館の入館料が必要となります
*感染症対策を行っております。ご来場の皆様はマスク着用をお願いいたします
*混雑状況により、入場制限を行う可能性がございます













2020年10月17日土曜日

illustration誌にて「nakaban + 植田真」特集

illustration No.228 にて「nakaban + 植田真」特集をしていただいた。

20代前半にTHE CHOICEに応募したことがきっかけで、僕はいま絵の仕事をしている。気づけば、あれから20年以上が経つ。なかなかの時間なので、その全てを語ることは難しい。話せていないこと、紹介できていない仕事がとてもたくさんあるけれど、その20年を超える過程の上で創りつづけてきたもの、出会ってきた人たち、そういう様々なことが結びついて、いまの僕がいる。それらが繋がって、今こういう絵を描いている。そういう内容になったのではないかなと思う。

取材にはイラストレーション編集部の岡さんが担当してくださった。僕の作品を学生の頃から見てくれていて、その上でとても丁寧に取材を進めてくれた。

ありがたく嬉しいコメントをいただいた、詩人の斉藤倫さんとブックデザイナーの名久井直子さん、西荻窪ウレシカ、作品提供してくれたシーモアグラスの織衣さん、お仕事ご一緒させていただいた多くの方々にご協力いただきました。

5月に出版された絵本『りすとかえるとかぜのうた』への過程や、今考えていること、ここ10年のことを中心に、装画の仕事、ライブペインティングの絵やレコジャケ作品、神戸での暮らしなど、これまで僕なりにこつこつとやってきたことを、このように取り上げてくれたことが本当に嬉しいなあと思う。

そして、今号表紙も担当されたナカバンさん。ナカバンさんとは西荻窪ウレシカでの二人展をきっかけに親しくなり、ライブをしたり、画集や絵本を一緒に作ったりしてきたけれど、会うたびにいつも刺激をもらっている。ナカバンさんの記事は、絵に向かう姿勢・哲学が垣間見れてとても良い記事だった。それに加えて、これまでのさまざまな作品や仕事もたっぷりとみることができる。

ナカバンさんと会って話をしていると、僕ももっともっとたくさん絵を描きたいなあ、という気持ちになる。またなにか一緒にできたらいいな。

さて、今日は朝から雨の一日。本来なら、こどもとでかける予定で朝の5時半に目覚ましで起きて仕度をしたけれど、秋の冷たい雨がやむ気配もなく、残念ながら中止に。

夜は、つい一昨日くらいに描き上がった装画・挿絵の仕事の最終確認&仕上げのためにすこし時間がつくれたらいいな。あとちょっと仕上げが残っている。最後まできちんと取り組みたい。