2018年7月10日火曜日

『えのないえほん』


『えのないえほん』
作・斉藤倫 絵・植田真
講談社


これは つきの ひかりが とどかない ばしょの ものがたり。
(帯より)


斉藤倫さんとの本ができました。

手で触れていたくなるような物語。
最初に原稿を読んだ時、そう感じました。

この本での、絵の立ち位置はかなり繊細なので、
絵を描く上でのバランス感覚は重要なポイントだった。

読み手がページを捲ったときに頭の中に描かれる風景に、風のざわめきやにおいを
まさに手に触れることのできそうなものとして感じていただけたら嬉しいです。

また、この本は少し特殊な造りをしており、
それは物語にもとても重要な役割りを果たしている。
造本・装丁のディレクション&デザインを
してくださったのは名久井直子さん。

実際に手に取って読む〝紙の本〟としての面白さがあります。
ぜひ。