2021年2月12日金曜日

新刊絵本『ひばりに』

 


『ひばりに』
内田麟太郎/詩
うえだまこと/絵
アリス館

デザイン/大島依提亜


内田麟太郎さんとの新刊絵本のおしらせ。
デザインは、大島依提亜さん(はっと目をひきつつも主張しすぎない絶妙なタイトル文字も大島さん)。そこに流れる空気を止めることなく、開いたものにしてくれました。

内田さんが震災を受けて書かれた詩『ひばりに』。
心がゆらぎ、不安な気持ちのとなりにいてくれる、あたたかな視点。まるで、地面から芽を出す小さな種子を助ける風や土や水のように、そっと寄り添うものを感じました。

詩の絵本というのは、「ことば」との距離感がとても繊細だと思う。そのバランスを探るため、スケッチ画を繰り返し描いていた時にふと女の子が縄跳びをする絵が浮かんだ。小学生の頃以来していなかった縄飛びを子供と一緒にしてみたら、「飛び、跳ねる」ということは、こんなにも心も体も軽やかになるのだなというのを感じた。
生きていると思いもよらぬ様々なことが立ちはだかる。我々は、それをなんとか乗り越えていかなければいけないけれど、そうそういつもうまく行くわけではない。それでも、(状況はさほど変わらなくても)ふっと軽やかに縄を跳ぶ感覚を一瞬でも持つことができたら、それだけでも十分なような気がします。

新型コロナウイルスCOVID-19が未だ終息できていない2021年。東日本大震災からは10年が経つ。ほんのすこしでも軽やかに「飛び、跳ねる」ことができれば、この状況下でも別の局面を見つけることができるかもしれないな、と思うのです。







2021年1月21日木曜日

Pinpoint Gallery 「謎」展



Pinpoint Gallery の「謎」展に参加します。
僕が描いたのはシャーロック・ホームズ2つ目の長編『四つの署名』。暇をもてあましていたホームズの元にやってきた久しぶりの依頼。登場する人物たちも濃くて個性的。そこにワトソンの恋愛も絡んできて、長編4作品のなかでも独特の雰囲気を醸し出しています。怪奇的、そして謎めいた傑作です。
2021年の描き初めに楽しんで描きました。本年もよろしくお願いします。


『謎』
2021年2月1日(月)~2月13日(土)
open hours: 12時~19時 土曜日17時まで 日曜休み
※初日月曜のみ 14時~19時

参加作家などの詳細はこちら



2021年1月18日月曜日

Cake Stand クッキー缶

 


パッケージのお仕事。

Cake Stand のクッキー缶』

缶のイラストレーションとデザインをしました。
以前も、Cake Stand のラッピングペーパーを制作しましたが、今回のクッキー缶もラッピングペーパーで包まれたお菓子と並べた時にも合うような、でも、また新しい印象を与えるものをイメージして制作しました。カラーバリエーションにパープル × グレーを基調としたものもあります。

主役のクッキーの美味しさは言わずもがな、珈琲にも紅茶にも日本茶にも合いますし、ワインなどとも相性がよかったです。ちなみに缶箱は中身を食べ終わったあとも入れ物として重宝しますね。年数を経てすごく古びた缶箱はなかなか味があっていいものです。

オンラインでの販売は Cake StandInstagram でご確認ください。
近日中では1/19にオンライン販売があるそうですよ。







2021年1月17日日曜日

ネムノキをきらないで



装画・挿絵のお知らせ。

『ネムノキをきらないで』
岩瀬成子/作 植田真/絵
文研出版


おじいちゃんの家の庭にある立派なネムノキを、おとなたちは切り倒すといいだした。ぼくは反対したけれど、枝がのびすぎて、あぶないからといって、枝を切り落とすことになる。ぼくは、おとなたちにいいたいことをうまくことばにできない── (本書そで文より)

身近にある木々や虫や生き物たちの存在。ひとつひとつ見ていると、その向こうにはもっとたくさんの気配を感じる。木にとまる鳥。鳥がついばむ虫。鳥がさえずり、風がふいて葉と葉がふれあう。木の下で仕事の手を休め一息つく人。なにげない営みを切り取ってみても、人も動物も虫も木々もみんな繋がっている。

親密さと大きく包まれるようなやさしさを感じる岩瀬成子さんの新刊。
文章で描かれる少年の繊細な気持ちと少年を通して見える情景が印象的でした。イメージが固定される絵ではなく、文章と絵が気持ちのよいハーモニーを奏でてくれたらいいなという想いで、全体に小さな絵たち、ピースがちらばるように描き、最後に合わさって読後感として残るように意識しました。
ぜひ、多くの人に読んでもらいたい本です。


僕の母の実家には柿の木があった。こどもの頃、その柿の実が美味しくて、秋がくるのを毎年たのしみにしていた。この本の絵を描いていたらそんなことを思い出した。そしたら、「今年は柿がたくさんなったよ」と、叔父(母の兄)から柿が届いた。ずいぶん久しぶりに食べたけれど、普段食べている柿の味ともまたちがう、こどもの頃食べたあの柿の味がした。それは、こどもの頃のことをあれこれと思い出す味だった。お祭りのことや、母の実家に一人で泊まったことや、従兄弟たちと駆けまわったことや、年の瀬に庭でお餅をついていた親の姿などを。そう、一本の木にも、いろいろなものが繋がっている。